読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

善と偽善

2017年3月17日

 

 

今日の出来事。

帰りのJRでいつものようにスマホいじってゲームをしてたら

となりにおばあさんが。

4人席が全て埋まったが、

旦那さんと思われるおじいさんが立っていたらしい。

 

私は自分の世界に入っていて気付かない。

 

すると

向かいに座っていた30歳くらいの男性が夫妻に、「どちらまで行かれるんですか」と。

5つ先の駅だったので男性は

「遠いですね、座ってください」と席を譲りました。

夫妻は「まだ元気なんでいいですよ」と遠慮しましたが男性は半ば強引に席を譲りました。

 

夫妻が男性に、

「あなたはどこまで行かれるの」と聞くと、男性は8つ先の駅でした。

 

でも、もう譲ったもん勝ち。

 

男性の「善」を感じるとともに、心が痛みました。

私は1つ先の駅。

出来事のあった駅に長く止まる電車だったので、流れに任せて席を譲りました。

「私は1つ先の駅なので」と。

 

男性、夫妻ともに私に感謝の言葉をくださりましたが、

感謝されるようなことはしてない…

 

男性の「善」に便乗したただの「偽善」。

 

私の心ん中は

このまま何も言わずに一つ先の駅まで行って、知らんぷりして立ち上がって電車を降りる勇気がなかっただけ。

 

自分のことしか考えてない「偽善」だな、と

男性の優しさに心が温まるよりも自分の

情けなさに嫌気がさした出来事でした。